FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の神は私に味方していたのだろうか??
  旅は波乱に満ちている!?  ~後編~

 
 コパカバーナのビーチまではタクシーで向かう。
 コルコバードの丘から15分ぐらいだった。
 
 その三
 ビーチに着く前に一人の子だけ宿を予約してたので、
 ビーチで落ち合おうと約束したが、、、
 結局再会することはなかった。
 
 
 ビーチにはすでにたくさんの人達がパラソルを開き、
 キャッキャキャッキャと楽しんでいた。
 俺たちもパラソルとビーチチェアーを借りて、
 太陽とビールとシーフードとセクシーブラジリアンに、
 テンション上がりっ放し状態!!
 しかし、意外にも海の水は汚くてしょんべん色だった(笑)))

 
 その四
 歩いているおっちゃんに2回程、
 『荷物をしっかり見張っておけ』と、
 注意されたのにも関わらず、、、一瞬の出来事だった。
 酔っぱらった若い3人組が写真を一緒に撮ろうと近寄ってきて、、、
 その一瞬のスキを見事につかれた。
 そいつらと犯人は共犯だろうと思っていて、
 詰め寄って聞いてみるも、もう時すでに遅し。。。
 バックを丸々一ついかれてしまった。

 その五
 盗まれる事は無かったのだが、
 もう一つ違うバックも少し移動されていたのだ。

 周りにいた人達にも色々と聞いてみるが、
 みんなわからないという。
 最悪の状況に陥ってしまったというわけだ。

 
 天気は最高にいいのに、
 悪いことばかり起きてしまう、リオ。

 その六
 ビーチで散々飲みまくって、
 テンション上げて遊びまくり、
 カーニバルに行く頃には、全員お疲れ。
 心身ともに疲れ果て、カーニバルへ行けず(笑)))

 ビーチ沿いのカフェやバーでゆっくりしたり、
 散歩したりと、バスの時間まで時間つぶし。

 その七
 ビーチ沿い散歩しているときだ。
 前に2人、真ん中に一人、後ろに2人、
 10~15m間隔で歩いていた。
 俺は後ろでしゃべっていると、
 真ん中にいた一人の子の後ろに不審なヤツが近づいて行く。
 夜も遅く周りに人気はない。 
 気持ち悪い胸騒ぎがする。
 どんどん不審なヤツが真後ろへ近づいて、
 一番後ろにいた俺たちが、これはおかしいと気づいて、
 『オ~~~イ。後ろに変なヤツいるから気をつけろ!!』
 
 不審なヤツの足取りが少し遅くなった。
 真ん中のヤツは、後ろを振り返って俺たちの方へきた。
 『いや~なんか変なヤツおるなーと思ってたんですよ。
  メッチャ怖かった~!!』
 何も起こらなかったのでよかっただ、
 なんて説明したらいいのか。
 後ろから見ていると、
 絶対なんかヤバイことなるって確信できたぐらい。
 予期したことがリアルになりそうになって、
 一瞬言葉が出てこなかった。
 気持ち悪い間隔だったが、なにもなくてよかった。

 
 結局朝方までビーチ沿いでノンビリして、
 早朝のバスに乗りサンパウロへ帰る事となった。
 
 
 みんながみんな色々な事件に巻き込まれる旅だった。
 
 俺はといえば、、、
 悪いことは全く起きなかったというか、
 ビーチにいたローカルの黒人ママにビューティフルと言われ、
 唇を奪われてしまった(笑))))

 旅はなんて面白いんだろう(爆笑)
 

 (08/09/10(木) 2畳の部屋にて)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。