FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本にも、いつかこんな日がくるのだろうか??
 
 世界一のカーニバル!!

 早朝から空港へ向かう。
 今回はすんなりとチェックインカウンターに荷物チェックを通る。
 出国税が30米ドルもしたのには、ボッタクリと言いたい。

 とうとう旅も終盤!
 最終目的地のブラジルの首都、サンパウロに到着。
 地下鉄も走っていて、大都市サンパウロに緊張してしまった。

 予定していたペンション荒木にバックをおろす。
 ドミトリーで30レアル(約1600円。2泊以上の値段)。
 南米で一番物価の高い国なので仕方ないか。。。

 多くの日本人が宿泊していて、色々と情報交換。
 みんなカーニバルにも行くみたいなので、
 一緒に連れて行ってもらうことにした。
 
 カーニバルってお昼頃から夜にかけて踊り狂うと思っていたら、
 開始時間はなんと夜からだった。
 夜中から朝方にかけて、ドンチャン騒ぎをするというわけだ。

 宿からは地下鉄とバスで会場へ向かう。
 入場チケットは持っていなかったので、
 ダフ屋で購入する予定だった。
 開始すぐから入場しても最後まで体力が持つとは思わなかったので、
 会場の外でビールを飲んでテンションを上げていると、、、
 カーニバル出演者達が続々と隊列を組んで会場入りしていく。
 テレビで見たことある派手やかな衣装を身にまとい、
 セクシーなブラジルっ娘に視線は釘付け(笑)))
 ここぞとばかりに写真を一緒に撮ってもらう。
 周りの奴らもノリノリなので、
 楽しくて楽しくてわざわざ会場へ入らなくても、という気分になる。
 しかし、次々と出演者達が来るので切りがない。
 
 ダフ屋から50レアル(約2600円)で購入して、
 3時間後ぐらいにようやく会場内へ。

 カーニバル専用のスタジアム。
 1km程ある直線の道を挟んで、両側に席がある。
 1チーム3000人~4000人。
 その中にいくつものグループがあり、グループごとに衣装も違う。
 テーマもチームごとによってあるらしい。
 デコレーションの大きさに、派手さに、こだわりもあり、
 ブラジル人達の熱き思いも感じる。
 とにかく桁違いということだ。
 
 きらびやかな軍隊が、
 まんべんの笑みを浮かべて踊りながら目の前を通る。
 客席もみんな総立ちで、とにかく踊る。
 踊って踊って踊りまくりのカーニバル。
 どうでもいいから、リズムに乗ればいいのだ(笑)))
 上手だとか、下手だとか、セクシーだとか、カッコ悪いとか、
 な~~~~~んにも気にせず、ただ踊ればいいのだ。
 踊り狂って、アホになっちゃえば、みんな友達になるのだ(笑)))

 
 日本にもこんなお祭りがあってほしい。
 年に一度ぐらい、
 アホにならなければならない日があってもいいんじゃないか!?
 
 眉間にしわよせ、グチグチ、ネチネチ、ガミガミ文句を言わず
 
    『今日はとりあえず踊っとけ!!』
 
 そんな日が来るのを今か今かと待ちわびて、
 
          日の出と共にカーニバルは終焉した。

 
 (31/04/10(水) 2畳の部屋にて)


 IMG_2982.jpg
鼻の下も延びるっちゅねん(笑)))


 IMG_2977.jpg
みんなノリノリっす!!


 IMG_3054.jpg
トップダンサ~~!!


 IMG_3061.jpg
こんな感じが続きます。


 P1040374.jpg
デコから銀紙噴射!!


 P1040410.jpg
セクシーやわぁ~~~


 P1040407.jpg
朝まで続いてます(笑)))

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。