FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドロッドロのマグマ!!!

 パカヤ火山!!

 ティカル遺跡へ行く途中のバスの中で、
 ドイツ人に『活火山に登って、マグマが間近でみれるよ』と、
 何やら面白い情報を聞きつけていた。

 ティカル遺跡近くの町フローレスから、
 グアテマラシティ(首都)で乗り換え、アンティグアに到着。
 アンティグアは1979年に世界遺産に登録された古都である。
 
 ここからツアーでパカヤ火山を目指す。
 ツアー代は40ケツァール(約500円)で、入山料と合わせても1000円程と安い。
 午前と午後出発と二つあるが、暗闇の中の真っ赤なマグマを見たかったので、
 午後出発に会わせて準備した。

 ツアー会社からバスに乗り、パカヤ火山の入り口まで約1時間半。
 そこから、他のツアー客と一緒のペースに合わせてひたすら登る。

 細かい火山岩の上を歩くのは結構辛い。
 富士山を登ったことのある人はわかると思う。
 一歩足を出すが、半歩分はザクザクっと滑り落ちて思ったように進まない。
 休憩を数回繰り返しのんびりと進んでいく。
 途中で夕日が見れると思ったが、あいにくの霧?と曇り?で見れなかった。
 2時間ぐらい登った所で何やら熱気を感じ始める。
 更に登ると真っ赤に燃えたマグマが、ゆっくりゆっくりと動いてるのが見えた。
 興奮して近づいてみるが、あまりにも熱くて人を寄せつけない。
 長い棒で突いてみるが、意外と表面は固い。
 棒にマシュマロをくっ付け、焼いて食べている人もいた。
 他のツアー客から隠れるようにしてしょんべんをかけてみると、
 ジューーーーっと音を立ててメチャメチャ臭い煙が舞い上がった(笑)))

 マグマって液体っぽいイメージだったが、メチャメチャドロドロしている。
 ゆっくりゆっくりと動くマグマをみてると、地球が生きているように感じる。
 
 こんなにもみじかで簡単にマグマが見れると、少し怖くなる。
 いつ大噴火してもおかしくないからだ。
 
 2012年にこのパカヤ火山が大噴火を起こし、
 麓の町を丸焼けにするかも?しれないなぁ~、、、

 すっかり辺りは真っ暗になり、マグマの色も輝きを増す。
 ちょくちょく後ろを振り返りながら、活火山を下山していった。

(20/12/09(日) アンティグアにて)

 
 IMG_2521.jpg
 霧なのか?雲なのか?煙なのか?

IMG_2527.jpg
 せまってくるマグマ!!

IMG_2546.jpg
 暗くなると色も鮮やかになってくる!!

IMG_2548.jpg
 地球の生き様!!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。