FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャイアントパンダとたわむれよう~~~!!

 
 念願のジャイアントパンダ!!

 ハプニングだらけの昆明をバスではなく列車で抜け出した。
 次の街である成都(ジャングドゥ)は、
 昔から思い続けていた『ジャイアントパンダを抱く!』事が出来る施設があるのだ。
 もうかれこれ6年越しの夢である(笑)))

 パンダ施設には個人的にもタクシーで行くことができるが、
 俺一人じゃ割高になりそうだったので、
 ホステルからのツアーで行くことにした。
 一人100元で朝食、交通費と入場料が含まれる。

 午前8時ミニバスに乗り込んだ。
 施設までは20分ほどだった。
 
 保護施設はかなり広く、パンダを探すだけでも苦労する。 
 子供パンダ~成人パンダまでいて、年齢別にエリアが別れていた。
 産まれてから2ヶ月しか経ってないベイビーパンダは、 
 手のひらに乗る程小さい。
 しかし、さらに1ヶ月も経つと両手で抱えなければならない程大きくなる。
 パンダの成長はやたら早い。
 残念ながらベイビーパンダの写真撮影は禁止されていた。

 今回の目玉である『パンダを抱っこする』は時間が決まっていて、午前9時半からとなる。
 そんなにたくさんの客は来ないだろうと思っていたが案外並んでいた。
 職員から、青い服に靴のカバーとビニール手袋を渡される。
 準備をしながら期待をして待っていると、
 職員が1歳になるパンダを抱えてやってきた。
 
 ベンチに一緒に座りパンダとたわむれる。
 パンダはひたすら蜂蜜を塗った小さな笹の枝を食べていて、
 俺のことなんて興味も全く無い。
 ただの人形状態。
 でも可愛いで~~~マジで。
 毛も固いかなと思ってたけど、意外とふさふさしていた。
 いや~マジで。
 可愛いの一言です!!!
 パンダと触れ合える時間は、たったの3分程。
 このたったの3分で、なんと1000元(約1万4千円)もする。
 いや~~~高い高い!
 
 ウガンダのゴリラじゃないけど、中国のパンダもかなりの稼ぎがしらだ。
 一日平均して30人はパンダと触れ合うとして、
 ”年間1億5千万円”もこのパンダは稼ぎ出すのだ!!

 
 人によっては馬鹿らしいことに金を使ってと思われるかもしれないが、
 動物と触れ合うなんてそうそうできないぞ~~~と言いたい。

 まぁー興味があるのか?ないのか?だけか(笑))))


 6年越しの夢が叶って大満足だ!!


 (26/10/09(月) 桂林のホステル にて)
 
 
 IMG_2222.jpg
 ここ以外にも施設はあると思われる!

 IMG_2264.jpg
 最前列のチケットw

 IMG_2241.jpg
 可愛いし・気持ちいいし

 IMG_2245.jpg
 でもパンダは食べるのに夢中!

 IMG_2250.jpg
 指まで食うな!!

 IMG_2256.jpg
 レッサーパンダもいた

 
 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。