FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラ砂漠!!!
     砂漠の村!!

 アフリカ大陸の砂漠に訪れるのも、今回が最後となる。
 砂漠へ向かう途中にある田舎街「ティネリール」に少し寄り道。
 ここは、切り立った谷底に小川が流れ、「トドラー渓谷」と呼ばれる観光スポット。
 ペトラ遺跡の入り口に似ている。
 崖の下にはレストランやホテルが建てられていて、
 たくさんの家族連れがのんびり過ごしていた。
 地元の休息場に使われているのだろう!!
 
 2日ほど過ごしてから、
 「ティネリール」→「リッサニ」→「メルズーガ」と、早朝から移動。
 移動もスムーズにいって、昼前には水気の感じられない砂漠の村「メルズーガ」到着!!
 予定していた日本人女性の経営する宿にバックをおろした。
 とにかく暑い砂漠の村!!
 暑いというかなんと言えばいいのか。。。
 ずーっとサウナに入ってるような感じ。
 何もしてないのに喉がカラカラになる。
 普通なら汗が流れて、
 「体から水分が無くなっていってますよー」と感覚的にわかる。
 しかしここでは、知らぬ間に体の水分が蒸発していっている。
 どのくらい体から水分が減っているのか、感覚的にわからなくなるのだ。
 不思議な体験だったが、危険でもある。
 こんな状態ではラクダに乗って砂漠ツアーなんて行けるわけがない!!
 もし行ったとしても砂漠で干涸びて死んでしまう。
 『日本人!!サハラ砂漠で干し上がる(笑))』
 なんて事にならないようなツアー内容になっている。
 出発は日が沈む少し前で、村へ戻ってくるのは翌日の朝方だ。
 時間的にはかなり短いが、暑いので仕方ない。
 これで一人5200円。
 高いような気がするが、暑さで頭が惚けているのでもうどうでもいい(笑)))

 
 陽が少し傾いてきた午後6時前、宿にラクダが迎えにきた。
 まだまだ外は暑い。
 ターバンをイスラム過激派巻きにして、強すぎる日差しから顔を守る。
 ラクダに乗るのはメチャメチャ久しぶりだ。
 今回はガイドのおっちゃんと俺の二人旅。
 おっちゃんがラクダを引っ張って歩きだす。
 俺はただボケーッとラクダの上に乗っている。
 10分ほど行くと、目の前には肌色でサラサラの美しいサハラ砂漠が現れた。
 誰もが想像する砂漠そのもので、ホンマに綺麗!!
 昔の人々はゆっくりゆっくり時間をかけ、このサハラ砂漠を乗り越えて行ったのだろう。
 今の時代では考えられないが、想像するだけで疲れてしまう(笑)))
 
 乗り心地の悪いラクダに揺られながら、こぶを一つ一つ乗り越える。 
 あっという間に宿泊地に到着。
 出発して1時間半ほどで、陽はほとんど沈んでいた。
 砂漠の上にマットレスを敷いて寝転ぶ。
 これが今夜の快適な寝床。
 ガイドのおっちゃんがディナーを作ってくれていた。
 辺りを軽く散歩して、砂漠の上に寝転がって地球と一体になる。
 気持ちのいい風が吹くのだが、砂嵐になって襲ってくる。
  
 完全に陽が沈んでもまだまだ暑い。
 運がいいのか?悪いのか?
 きれいな満月だったので、星はあまり見えない。
 ガイドのおっちゃんがディナーを運んできてくれた。
 「タジン」と呼ばれるモロッコ料理。
 砂漠の上で満月の下、おっちゃんと二人きり。
 メチャメチャロマンティックなのに、、、
 運がいいのか?悪いのか?(笑)))
 ツアーへ行くときは、一人で行くべからず!!!
 
 おいしいディナーを食べただけで、
 何もしていないのに疲れ果てて寝てしまった。
 朝方気温も一気に下がり結構寒い。
 砂嵐となった風もビュンビュン襲ってくる。
 砂漠での生活はホンマに厳しい。
 人と戦う前に自然と戦わなければいけない。
 助け合わなければ生きて行くのは難しい。
 憎しみあえば『死』の世界へすぐに飛んでいってしまうのだ。
 人間社会にとって大事なことなんだけど、
 俺はやっぱり砂漠の民にはなりたくないなぁ~~~(笑)))

 
 翌朝8時には出発。
 暑くなる前に村へ戻りたいのか、
 ガイドのおっちゃんの歩く速度が異様に早い。
 無理もない。
 
 
 メチャメチャ短かかった、ラクダに乗ってサハラ砂漠で一泊ツアー。
 もっとのんびりしたいのだが、暑さにはかなわん。
 ホンマに暑過ぎた。
 村へ戻っても暑い、暑い、暑い!!!
 暑いという言葉だけが、飛び交っている宿。
 
 こんなところで日本人の女性が宿をやっている。
 優しい人でお世話になった。
 彼女はいつも死んだように寝転がっているが、
 実は客の話に聞き耳立てているのだった(笑)))


 こんな暑過ぎる村には長期滞在する気も起こらない。
 北の方へ行けば涼しいと聞いたので、
 「シェフシャオエン」と呼ばれる山麓の町まで一気に北上することにした。 
 緑いっぱいの涼しげな町であってほしい。
 願いを込めて、サハラ砂漠を後にした。。。


IMG_0204.jpg IMG_0231.jpg IMG_0244.jpg IMG_0268.jpg
 


 (30/08/08(土) マドリッドの宿)
 

 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

のりこさんのつくったかれーはおいしかった^^
jack | URL | 2008/09/16/Tue 12:21 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。