FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅のスタイル!!
 旅っぽい移動!

 住みたくないけど、訪れたい村「シンゲッティ」から、
 モロッコへ抜ける基点となる町「ヌアディブ」を目指した。
 ギュウギュウ詰めじゃない、乗り合いタクシーで「アタール」へ向かう。
 来た道と全く同じ一本道を突っ走る。
 「アタール」からはハイラックスの荷台に乗り換え「ショーム村」へ。
 荷台には荷物を山積みにして、ネットを張る。
 その上に乗るので、しっかりネットを持っていないと落ちる。
 凸凹の道なんかに通る時には、冷や汗がでてしまう。
 しかし、旅してるなーって感覚。
 日本ではこんなこと絶対にできないし、誰もしようとしないだろう(笑)))
 気持ちいいのも30分ほど。
 力強い太陽光線と砂嵐が襲いかかってくる。
 ハーフパンツをはいていたのが大失敗。
 膝から下がみるみる日焼けで赤くなっていく。
 ターバンを”イスラム過激派巻き”にして顔全部を覆い、太陽光線と砂嵐を防いだ。
 2時間もすれば、やっぱり椅子座れば良かったなーと、飽きと疲れと後悔。
 旅っぽい移動はやっぱり疲れる。。。
 4時間の苦しい移動の末、ようやく「ショーム村」到着。
 
 ここからは電車に乗って「ヌアディブ」を目指す。
 電車と言ってもいつもとは勝手が違う。
 鉄鉱石を運ぶ貨車なので、客車本当に少ない。
 しかし、鉄鉱石の上に乗る事もできる。
 面白いシステムで貨車(鉄鉱石)の上は『無料』!!
 『落ちても知らねーからな!!』
 すべては自己責任。
 ある意味では素晴らしいスタイル。
 もちろん俺は、自己責任型旅っぽい移動スタイルを選ぶ。
 楽しそうだな~~とわくわくしていた。
 
 午後6時と聞いていたが、4時間遅れてやって来た。
 客を乗せる為ではないらしく、停車時間も短い。
 真っ暗闇の中、夜逃げするかのように貨車の上に荷物を運ぶ。
 みんな必死の形相である(笑)))
 乗り遅れても自己責任だからだ。
 鉄鉱石もかなり細かく、足で平にして場所を作りヨガマットを敷いた。
 電車が動き出すとテンションも上がってくる。
 しか~~し煤が嵐のように飛んで来る。 
 煤嵐の勢いは強烈で目を開ける事もできない。
 上を向いて夜空の星を見る事なんて全く無理。 
 やっぱり旅っぽい移動は快適でない(笑))
 更にどんどんと気温が低下。
 メチャメチャ寒くなり、シュラフをバックから取り出す。
 寒さと煤から隠れるように、みの虫スタイルで寝た。

 
 目が覚めると、辺りは綺麗な砂漠が広がっていた。
 しかし煤がメチャメチャ飛んでくるので、イスラム過激派巻きはやめられない。
 ホンマに突風のように吹いてくるときもある。
 アクション映画のように、身軽に飛び越えられへんで(笑)))


 時々、山積みの鉄鉱石の上に立ち景色を眺める。
 「旅してるなぁ~~~!」
 そんな子供っぽい感覚が楽しい。
 一度でいいから走っている電車の上に乗ってみたかったのだ。
 しかし、想像していたよりも快適ではない現実も知った(笑))) 
 
 遠くに海が見えてきた。
 「ヌアディブ」の町も近づいてきた証拠だ。
 合計16時間、貨車の上の旅は終わった。
 もちろん停車する時間も短いので、
 みんな必死の形相で荷物を降ろしていた。
 
 
 後で聞いた話では、
 客車で座席の料金は1等で1500円ほど。
 しかもギュウギュウに詰め込まれているらしい。
 寝台はもう少し高い。
 
 
        実際問題!
 
 ギュウギュウに詰め込まれた座席 or 真っ黒になる辛い貨車の上

       みんなはどっちを選んで旅をしますか??

IMG_0108.jpg IMG_0115.jpg IMG_0124.jpg


(09/08/08(土) ヌアディブの宿 にて)
 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

が・・がんばって(笑)
おもろいやぁ~ん!
写真はあれやろ?真ん中がナオやろ?

え~っと。。自己責任で!
Tamo | URL | 2008/09/15/Mon 18:13 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。