FC2ブログ
カツアゲとワイロ、どっちが悪い?? 中編

 ガンビアンな日常!!

 首都「バンジュール」からバスで20分ほどの所に、
 ビーチリゾートと言えば聞こえが良すぎるが、
 小さなビーチのある町へ向かった。
 
 到着してすぐに、案の定一人の男が俺にくっついてきた。
 日本のキャッチセールスマンや訪問販売人達に身習したい勢いだ。
 とにかくべったりとくっついてくる。
 彼女と歩く距離よりも近い(笑))
 それがメチャメチャきもい!!

 いつものように
 『親切心は本当にありがたいが、
 最後にお金や食べ物などの要求目当てなら答えられない。
 チップ目的なら俺に付きまとうのは止めてくれ!』
 
 『俺はただこの町のすべてを紹介したいだけなんだ、
 お前にそれを知ってもらいたい、ただそれだけだ!!』

 そんな事を言われても、俺は全く信じてなかった(笑)))

 しつこさと言えば子供以上を忘れずに!!(笑))
 結局一緒に町を観光して、ビーチでのんびりとした。
 相手がしゃべり続けるが全く無視。
 俺がしゃべり出すと相手も無視。
 基本的に会話が成立してないのだ(笑)))
 しかもこういう奴らは、静寂な間を嫌う。
 ずーーーーーーっとしゃべってるもん!
 
 どのようにあがいても、くっついてくる。
 時間も遅くなってきたので「バンジュール」に戻る事にした。
 
 ミニバスが来たので、
 「ほな色々とありがとう!」と俺が言う前に、一緒のミニバスに乗り込みだした。
 しかもこやつ!
 『バス代一人6ダラシやから、12ダラシ払っといて!』
 いやいやいやいや、何を言い出すのかと思いきや! 
 こんなやつらはメチャメチャ多い。
 またか、と気分はうんざり。
 もちろん俺は自分の分だけを払った。

 「バンジュール」に到着して、すぐ彼に言った!
 『もう眠いから部屋に戻るわ。色々ありがとうな!! じゃー』
 
 『へい!へ~い!1分待ってくれ、フレンド!1分、俺の話を~~~』

 30mほど離れてようやく声は聞こえなくなった。
 ある意味でしつこく、粘りがある(笑))))
 日本の女性はこういう男に粘り負けするのだろうか???
 
 
 このうっとうしい『ガンビア』から『ギニアビサウ』という国へ、
 さっさと行こうと予定していた。
 しかし突然『マリ』という国から呼ばれたような気がした。
 何故だかわからない。
 旅をしていると、突然『~~へ行きたい』って思ってしまうのだ。
 『インドに呼ばれた』っていう旅人は多いと思うが、
 そんな感じと少し似ているかな!?
 
 
 そうとなれば、心と頭の中は『マリ』一本になってしまう。
 こうなってしまったら、
 行きたくてしょうがなくなってしまう性分。
 『マリ』にはビザが必要なので、
 めんどくさいが、再びセネガルの「ダカール」へ戻る事にした。
 
 この「ダカール」へ戻る途中でも、ガンビアの洗礼を受けたのだった。

 つづく


IMG_1304.jpg IMG_1305.jpg


(26/06/08(木) ダカールの安宿にて)



スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈