FC2ブログ
西アフリカへ レッツゴ~~~~~~!!!
 ナミビア~南アフリカ~セネガル!!

 波乱に飛んだナミビア生活をあとに、またまたケープタウンへ。
 夕方発のインターケープバスに乗り、同じ道をひた走る。
 前回同様に、ナミビアー南アフリカの国境でナミビア側はすんなりいったが、
 南アフリカ側ではイチイチ厳重に調べられた。
 人によっては、股間もバンバン触られたらしい(笑)))
 ホンマめんどくさい国境だ!
 20時間の移動に耐えてケープタウン到着。
 前と同じバックパッカーズへ向かった。


 エジプトから無事に南アフリカまでの縦断が成功し、
 次に目指すは、「西アフリカ!!」
 南アフリカからナミビアを抜け、アンゴラ、コンゴ、ガボン、赤道ギニア、
 カメルーンにナイジェリアをバスで通過して西アフリカへ行くのもいのだが、
 イカンセンアホみたいに高いビザ代に見所の少なさなどを考慮に入れると、
 ガーナ、セネガルやモロッコへ一気に飛んだ方が、
 早いし!安いし!安全やし!という理由で、飛行機を使う事にした。
 ネットやチケットオフィスで調べた結果、
 セネガルの首都「ダカール」への片道チケットが4260R(6万円)と一番安かった。
 これからの西アフリカ周遊ルートを考えても、セネガルが一番最適だった。

 今後の予定は、西アフリカ諸国を周遊して、サハラ砂漠を超えてモロッコに入る。
 そしてジブラルタル海峡を渡って、EUへ戻る計画!
 いきなりルートが変わったりする可能性もあるが、西アフリカを軽く一周はしたい。
 一つ不安な事がある。
 西アフリカ諸国はフランス語を話す国が多くて、どないしょ~~(笑)))
 英語ならまだしも、ドイツ語でもほんの少しぐらいならまだいけそうだが、、、、
 フランス語は全く無理っす!
 自分にフランス語が似合うとも思わない(関係ないけど)
 100%何とかなるとはわかっているが、
 現地の人と会話ができると、旅の感覚や経験もかなり変わってくる。
 やっぱり楽しみたいからな~~~!!

 なんて考えながら、
 ダカール行きのチケットを握りしめ、一人空港へ向かった。

 ケープタウン~ヨハネスブルグ~ダカールと、
 
     西アフリカへ レッツゴ~~~~~~~!!!


 IMG_0953.jpg IMG_0728.jpg IMG_1018.jpg IMG_0803.jpg 


 (16/06/08(月) ダカールの宿にて)
 





 
続きを表示する
スポンサーサイト



修理費代!!
 ナミビアツアー!! 最終日!

 
 ゆっくり・のんびり・まったりしてから起き上がった。
 キャンプサイトで車を洗って、飯を食って「ウィントフック」へ出発!
 
 舗装された道路をただひたすら走る。
 メチャメチャ運転しやすいが、その分眠気も襲ってくる。
 
 今回の旅はとにかく移動に次ぐ移動!
 一日平均500km!
 6日間の合計で3000kmも走った。
 
 その結果が!
 パンク一回。
 ハンドルをとられて軽い事故一回。
 ガタガタ道でバンパーのねじ紛失。
 さらにヘッドライトの左目損傷。
 ホイールカバー損傷3カ所。
 あと、3、4カ所の凹みとたくさんの傷。
 そして、ホーンが鳴らなくなってしまっていた(笑)))))
 正直ここまでくると笑ってまうしかない(笑))))

 「ウィントフック」に戻ってきて、恐る恐るレンタカー屋へ
 3000R(約4万円)ぐらいは覚悟していた。
 上記に書いた事を正直に告白。
 しかし意外なことに、請求されたのはパンク代のみ!!!
 300R(約4千円)で済んだのだ。
 どういう基準なのか全くわからなかったが、
 こちらとしてはラッキーだ。
 もし日本なんかで借りていたら、ナンボ取られてるか寒気がおこってしまう。
 いやーホンマ、結構ボコボコになってたのに(笑))))

 
 6日間という短いツアーだったが、ナミビアの見所をほぼ見れたと思う。
 オススメはナミブ砂漠とオットセイとヒンバ族!
 この3つで十分満足できるとおもった。
 あと、レンタカーは4WDを借りて回った方がいい。
 未舗装道路を通る事が多いので、普通車じゃかなりつらかった。


 もしナミビアにくる事があれば、オリジナルツアーを作って遊ぼう!!!
 ただ、事故にはくれぐれも気をつけて!!

IMG_1202.jpg IMG_1226.jpg IMG_1213.jpg IMG_1074.jpg


 
 (16/06/08(月) ダカールの宿にて)








動物達を探し出せ!!
 ナミビアツアー!! 五日目!

 
 今日はエトーシャ国立公園でのゲームドライブだ!
 早朝メチャメチャ冷え込んでいて、起き上がるのが辛かった。
 でも気持ちを切り替えて、いざ動物探しへ!!
 宿から少し離れていたので、公園のゲートまでぶっ飛ばした。

 ゲートで許可証代と車代を払って入園した。
 今回でアフリカ大陸最後のサファリになる。
 その分期待も高まってしまう。
 出発するやいなや、インパラ・ガゼル・シマウマ・オリックス・を発見!
 更にシマリス・キリン・クドゥ・イノシシ・ゾウとサファリ常連を難なく見つけた。
 自分で運転して、自分たちで探し出すのは思ったよりも難しい。
 自分達がいったいどこを走っているのかもわからないし、
 どこらへんが動物達のたまり場なのか全くわからない。
 ただひたすら適当に走ってるだけだった。
 
 思っていた以上に公園内は広い。
 常連動物はメチャメチャたくさんいるが、猛獣系は見つけることができなかった。
 ゾウのファミリーを間近でみたが、メチャメチャ怖い!
 威嚇されてこっちが逃げ出してしまった(笑))
 ゾウ最強説は本当かもしれないな!!

 自分達だけで行くサファリツアーは、面白いが見つけるのが難しい!
 今更になってサファリガイドの必要性を感じた。
 
 
 もしアフリカへ来てサファリをするのなら、
 ケニアのマサイマラ国立公園!
 タンザニアのセレンゲッティー!
 この2つが無難で安くてオススメだ。
 ここ以外へ行くのなら、スワジランドなどもいいかもしれない。
 
 しかし、サファリって動物が相手なので運に頼るしかないのかもしれない!
 普段から動物に対して優しくしていれば、幸運に恵まれるではないだろうか??
 いや、どうだろう??
 やっぱり運かな??


 閉門ギリギリでゲートを抜け出し、すぐ近くにあったキャンプサイトへ宿泊した。
 明日は最終日!!
 のんびり起きて、のんびり支度して、のんびり帰ろう!!!



IMG_1207.jpg IMG_1225.jpg IMG_1208.jpg IMG_1220.jpg


 (16/06/08(月) ダカールの宿にて)
 
 
世界一美しい民族!!
 ナミビアツアー!! 四日目!


 だいぶ疲れが溜まってきている。
 目覚めも悪く起きるのも辛い。
 テントをたたんで、いざ出発!!

 今日は世界一美しい民族と噂されている、『ヒンバ族』と接触するのだ。
 ヒンバ族がたくさん住んでいる有名な村までいきたかったが、
 僕らの小さな車じゃ行くことができなかった。
 4WD車じゃないと通れない道なのだ。
 しかし、その途中にも小さいながらヒンバの村がある。 
 正直、族の人達に囲まれると怖いので小さい村で十分だ。
 
 そこは5、6家族が住む集落だった。
 恐る恐る中へ入って行くと、一人の女性が近寄ってきた。
 写真で見たことある通り!!
 赤土で全身を固めている。
 ぶっちゃけ臭い(笑))))
 もしかしたら体を洗うということをしないのかも??
 赤土で全身を覆っているので、体を洗うとまた赤土を付けなければならない。
 この赤土を覆うことによって、虫や日焼けから守っているらしいが、
 触られるたびにこちらも赤くなるのだ(笑)))
 
 その女性の部屋に入れてもらうが、ハエの数が半端ない!
 民族とハエは、切っても切れない関係なのだろう。
 もし本屋さんで民族の写真集などを見ることがあったら、
 じっくりと見てみよう!
 結構なハエが写っていることに気づくだろう(笑))
 
 部屋に入ってすぐに金を要求された。
 ちょっと渡すともうご機嫌になってくれた(笑))
 部屋からでるといつの間にかお土産屋が開かれていた。
 すべてのお土産に赤土がついていて、正直買う気になれなかった(笑)))
 
 世界一美しい民族とは誰が言い出したのだろう??
 確かに女性の顔やスタイルはよかった。
 でも、結構汚ね~ぞ~~~!くせ~~ぞ~~~(笑)))
 一度でいいから赤土をとった時のヒンバ族を見てみたいものだ!!!
 
 言葉も何を言ってるのか全くわからなかったし、
 金くれ、食べ物くれとしつこかったので、30分ほどで退散した(笑))
 
 しかしこんなにも文明から離れて生活を送っている人達を見ると、
 自分の生き方を考えさせられてしまう。
 ただ言えることは、郷に入れば郷に従えということだ!

 
 ヒンバさん達に別れを告げて、最後の目的地となる国立公園を目指した。
 最後にとっておいたサファリ!
 自分達で運転をして、自分達だけで動物を探す。
 果たしてちゃんと見つけられるだろうか???


IMG_1190.jpg IMG_1212.jpg IMG_1194.jpg IMG_1201.jpg


 
 (16/06/08(月) ダカールの宿にて)
 
 
 
 

気持ち悪いほどの数!!!
 ナミビアツアー!! 三日目!

 朝からしっかりと飯を食べ、ランチも作った。
 今日は僕が一番期待をしている、『オットセイの巣』へ向かうのだ。
 「スワコプムント」の町から車で2時間ほど。
 左手には海!
 右手には砂漠!
 なんとも奇妙な景色の中、気持ちを押さえてぶっ飛ばす。
 何もおこらなければ気持ちのいいドライブだ(笑)))

 オットセイの住むケープクロスへ到着し、またまた許可証代と車代を払う。 
 駐車場まで向かっていると、何やら臭い匂いがしてくる。
 車を止めて海岸の方へ歩いて行くと、、、、
 こんな光景は見たことがない!
 ありえないほどの数のオットセイ!!
 200万頭以上いるんじゃないだろうか??
 海岸線が見えなくなるまで、どこまでもいるオットセイ!!
 海に浮かんだり、陸でボケーっと昼寝をしたり勝手気ままだ。
 正直メチャメチャ臭い(笑)))
 数が多すぎて我が子がどこにいるかわからなくなるため、
 鳴き声で母オットセイを呼ぶ、子オットセイ!
 辺りには子オットセイを狙うジャッカルの足跡と、
 子オットセイの残骸。
 生々しい自然界の情景!
 こんなもの凄い絵が見れて感動してしまった。
 臭い匂いも忘れて、ただただオットセイ群に目を奪われてしまった。
 想像していた以上の光景だった。
 ナミビアへ来たら、砂漠よりもここへくるべし!!!

  
 オットセイ群に別れをつげ、
 世界一美しいと呼ばれる『ヒンバ族』と接触するために村へ向かった。
 途中、たくさんの難破船にクジラの残骸など、
 負の海岸線「スケルトンコースト」(残骸海岸)を通った。 
 なんとここで、タイアがパンクしてしまったのだ。
 気味の悪い場所だ!
 マイナスの風が吹き荒れているのだろう。
 さっさとパンクを直して、スケルトンコースト抜け出した。。。

  
 ヒンバ族の住む村の近くでキャンプを張った。
 もう外は真っ暗で明日の朝、世界一美しい人たちと接触することにした。。。

 
IMG_1138.jpg IMG_1160.jpg IMG_1145.jpg IMG_1172.jpg


 (16/06/08/(月) ダカールの宿にて)




Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈