FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフリカ大陸最高峰!!!
 Mt.キリマンジャロ!! 前編

イタリア・シチリア島のエトナ山!
エジプトのシナイ山!
ケニアのケニア山!
そして今回4つ目の山、
『Mt.キリマンジャロ』に挑戦する機会に恵まれた

麓の町「モシ」で4泊5日のツアーに参加!
キリマンジャロは気軽に挑戦できる山だが、
色々とルールがあるので、ツアーに参加するのが手っ取り早い
一人700USドルで、入山料、山小屋使用料、ガイド・ポーター、
3食の食事に山用品のレンタル料が含まれている(チップは別)
全ての事をやってくれるので、とにかく歩くだけでいいのだ
ルートは“コカコーラルート”と呼ばれる、
初心者でも登りやすいルートを選んだ


1日目!!
午前9時!
ハイエースに乗り込み、出発の起点となる第一ゲートへ向かう
ここで入山記録を書き、
ガイドからゴミを捨てるななど、当たり前の注意を受ける
午前11時半!
5895mの最高地点へ向けてしゅっぱ~~~つ!!
熱帯雨林の中をゆっくりゆっくり歩く
急な登りも下りもなく、ハイキングコースのようだ
ペースも全く上げず、ホンマにのんびりのんびりと歩く
ランチ休憩の時に森の中から、マングースが現れた
ツーリストが餌を与えているのだろう、あまり怖がる様子もなく近寄ってくる
ランチボックスの中のサンドウィッチを食べようと手にすると、
なんと!
“カビ”が生えていた
ガイドに文句をいうが、「交換してあげるよ!」と、平然な顔!
この時点で、今回のツアー会社失敗したかも?と、感じていた
怒る気持ちも押さえて、またまたハイキングコースへ戻った!!!
ホンマにこんなペースでいいのか?と考えていると、
わずか3時間で1日目のマンダラハットに到着した
この時点で標高2700m!
まだまだ高山病の影響もなく、気持ちも清々しい!!
天候にも恵まれて、のんびりとした1日目は終了した!!!


2日目!!
朝食を食べてから、午前8時半に出発!
天候にも恵まれ、気分も上々!
道のりは多少のアップダウンはあったが、ピクニックのような感じだ
本当に誰でも気軽に登れるんだなぁ~
富士山にとても似ている!
無理矢理に言えば、形も何となく似てない事もない(笑))))
途中で熱帯雨林も終わり、いつの間にか雲の上に出ていた
草木や低木になり、一気に見晴らしが良くなった!
歩くペースはホンマにポレポレ!(スワヒリ語でゆっくりという意味)
普段俺の歩くペースは結構早い
初めてポレポレ歩くので、なんとなく物足りない感じだった
しかし、徐々に高さを順応させなければいけないので、
仕方ないなーと思っていると、
2日目のホロンボハットに5時間で到着した
この時点で標高3780m!
すでに富士山の頂上を少し越えていた
富士山の頂上に1泊したとき高山病で少し頭が痛くなったが、
今回はまだ高山病の影響はまだでていない!
体もまだ筋肉痛などにはなってない、、、当たり前か(笑)))
ハットに到着したのが早かったので、近くのクレーターを見に行ったが、
たいしたことなかったなぁ~~~~(笑)))

つづく

IMG_0294.jpg IMG_0295.jpg IMG_0309.jpg IMG_0302.jpg

IMG_0335.jpg IMG_0349.jpg IMG_0354.jpg IMG_0364.jpg



(27/03/08(木) ダルエスの宿 にて)


スポンサーサイト
タンザニア~~!!!入国!!!!
アフリカンルール?? No.2

国境の町「ウツクラ」に到着したのが、午後4時
荷物チェックのない簡単なパスポートチェックのみで、
アフリカ大陸6カ国目の『タンザニア』に入国した!!!
ビザ代は一人50USドルで、3ヶ月有効のシングルエントリー
ボチボチな値段を取りやがる!

イミグレーションオフィス近くにあるバス停から、
中型バスに5回目の乗り換え
もちろん満席になるまで出発はしない!
ビクトリア湖に面した町「ブコバ」に午後6時40分到着!
ここからボートに乗りビクトリア湖を眺めながらの移動を考えていたが、
曜日のタイミングが悪く諦めた
結局長距離バスで「シンギダ」という町へ向かう事にした
夜行バスはなく、出発は翌日の早朝だった
ホテル代ももったいないので野宿しようと思っていたら、
「バスの中で寝て待っててもいいよ!」と、
バス会社のスタッフに教えてもらった
もちろんバスの中で一夜を過ごす事にしたのだが、、、、、
朝起きると、得体の知れない害虫らしきものに、手・足・体を刺された
南京虫かダニだとおもうが、どうだろう??
まさかバスの座席に害虫が潜んでいたとは(笑)))))
汚いという基準も少し下げないと、、、、、、

害虫を乗せたバスが予定より45分だけしか遅れずに、
午前5時45分「シンギダ」へ向け出発した!
ウガンダのドライバーと同様に、
未舗装道路をぶっ飛ばすタンザニアのドライバー!!
ガッタンガッシャン、ユラユラユラユラ、ガッシャン、ドーーーン!!!
体もだいぶ慣れてきたのか、軽い睡眠をとる技術もついてきたようだ(笑)))
大高原の中の一本道をぶっ飛ばし続けて、午後9時40分「シンギダ」に到着!
目的地「モシ」の隣の町「アルーシャ」行きのバスがこれまた翌日発!
もちろんホテル代を浮かすために車中泊!
軽く体をこすっただけで垢が出て、頭もメチャメチャかゆい状態!
あと少しだととにかく我慢!!
午前6時40分!
7回目の乗り換えをして「アルーシャ」へ向けて出発した
国立公園の横をぶっ飛ばす!
窓からは、ヒヒや小動物達がちょこちょこと姿を現した
午後1時30分!「アルーシャ」到着
この時すでに体からは異臭が放たれていた(笑))
ぼったくりの激しいバスターミナル!
粘り粘りの交渉勝ちで、
地元民と一緒の金額を払い「モシ」行き、最終8回目の乗り換えに成功!!
異臭勝ちしたのかもしれないなぁ~~~(笑)))

午後3時20分!
3日間の大移動に終わりを告げ、
キリマンジャロ山麓の町「モシ」に無事到着することができた
安宿を探し歩く元気もなく、予定していた宿へ直行した
はやる気持ちを押さえてシャワールームへ飛び込んだ!!!
お風呂に入る、シャワーを浴びるのって、
こんなにも気持ちがイイものだったのか!と、再実感
アフリカンも毎日お風呂に入る“ルール”を作ればいいのにな~~~(笑))))

IMG_0795.jpg IMG_0817.jpg IMG_0828.jpg


(23/03/08(日) パジェのビーチ にて)


国境ごっへ~~~!!!
  アフリカンルール?? No.1

野ゴリラとも無事に出会えて、次なる目的地は!
アフリカ大陸最高峰!
Mt.キリマンジャロ頂上!!
ゴリラの町「キソロ」からキリマンジャロ山麓の町、
タンザニアの「モシ」まで一気に移動する事にした
これがまたまた大変で、合計3日間も費やした!!

午前6時、大型バスに乗り込み「キソロ」を出発!
もちろん未舗装道路をぶっ飛ばすドライバーが、記録更新の30cmジャンプ!
座った姿勢そのままでジャンプするのだから、
落ちた時に受ける衝撃も凄まじい!!
胸の辺まで痛みが走ってくるのだ
夜明け前から無謀なリアルコースター、、、(笑)))
1回目の乗り換えをするため「マサカ」という町で降りるのだが、
メチャメチャ中途半端な場所で降ろされた
仕方なくバイクタクシーに乗り「キョウテラ」行きのミニバスを捕まえた
基本的にアフリカのミニバスは、
席がいっぱいになるまで出発しないのがルールらしい
絶対に焦る心を捨てなければ、
アフリカでの日常生活はメチャメチャ苛立つだけなのだ(笑))
午後1時半、無事満席になりバスが出発!
道は舗装されていて、快適な2時間のドライブだった!
ミニバスを降りて、ウガンダータンザニア国境の町「ウツクラ」へ
乗用車、トヨタ・カローラのタクシーに4回目の乗り換え!
このタクシーがまたまた驚かされる!
普通、普通、日本なら5人乗りとルールが決まっているのだが、、、、
さすがアフリカ!
とにかく詰め込めるだけ詰め込めるルールなのだ!!!
ここで素晴らしい記録が達成された!!
5人乗りトヨタ・カローラに12人も詰め込んだのだ(笑)))
運転席に2人
助手席に2人
後部座席になんと8人(笑い))))
こんな無茶苦茶な状態で走っても何ら問題はない、交通ルール!
何かと自分自身の中の基準を壊してくれるアフリカ!
ある意味で、自由だ(笑)))

つづく

IMG_0811.jpg IMG_0796.jpg IMG_0801.jpg


(23/03/08(日) パジェのビーチにて)


ご・ご・ごりら!!!
 ゴリラとの出会い

ゴリラとの出会いは、3月5日の午前中だった
森林の中を歩いていると、6、7m前方の左手から、
背中を白く染めたボズマウンテンゴリラが出現!
ボテ~~~っとしたビール腹を揺らしながら、ゆっくりと歩いて行く
追跡して行くと、そこには12頭のゴリラーズグループが生活していた
彼らは一日700~800m、草ばかり食べながら移動する
しかし本当に草ばかり食べる食べる!!
食べるか??
ボケ~っとどこかしら眺めてるか??
木に移動してるか??
この3パターンだけ(笑)))

ジーーーーっと顔を見つめると、
ホンマに黒人のオッサンオバハンとそっくり(笑)))
横顔の鼻が特に可愛く、耳の形は人間にそっくりでこれには驚いた
かなり人間に近い動物なのだろう!!
運動神経が鈍いのか?? 体が重いのか??
木からズレ落ちて着地に失敗してる時もある(笑)))
その姿がまた可愛くて面白い!

2m手前を歩いて横切られた時は、怖くて後ずさりしてしまった
あの至近距離危なすぎる!!
オスで200kg近い握力をして、
平均身長1m70cm、体重は140kgにもなる
1発で天国まで飛ばされてしまう
そんな大柄な彼らはベジタリアンで、性格も温和で助かった
もし彼らがメチャメチャ凶暴な性格で、
壊していくことに喜びを感じるようであったら、
世界も変わっていたのかな~~~???

そんな神経質でセンシティブな彼らとの接触は、1時間と決められている
このゴリラーズグループが、
単純計算で1年間に『1億5千万円!』もの利益を上げている、
ウガンダのミリオネアーなのだ!!!
もちろん彼らは大事に大事に保護されている
これだけの稼ぎ頭なので当たり前だ!!!

そんなゴリラとの出会い

彼らは、俺達人間に毎日1時間も観察され、
何をおもっているのだろう????

IMG_0173.jpg IMG_0182.jpg IMG_0199.jpg IMG_0203.jpg

IMG_0218.jpg IMG_0240.jpg IMG_0246.jpg IMG_0262.jpg
IMG_0266.jpg


(05/03/08(水) キソロの宿 にて)






ウガンダ~~~!!
 ゴリラを探しにウガンダへ

2月28日ケニアに平和が訪れた
大統領キバキと反対政党のライラ党首が、
お互いの手を握りあった!!!
公の場で初めてライラ党首が「キバキ大統領・・・」と、
大統領をつけて呼んだ日でもある
お互いが十分に理解しあえた結果だろう!
これからケニアという国が勢いをつけて、
急速な発展を遂げていく、“原因”であればうれしい

一応平和になったケニアを見届け、
今回の“旅”初めからずっと待ち望んでいた、
『ゴリラとの出会い!!』へ
隣国のウガンダに向かった
ナイロビ~カンパラ間を大型バスで14時間(約1800円)
ゆったり座れる横3列シートだったので、
メチャメチャ快適だった
ウガンダの首都「カンパラ」に到着したのが午後の11時を少し回っていた
外は真っ暗でバスから降りる前に、気合いを入れ直した
知らない国に夜到着するのはやっぱり怖い!
割高のタクシーに乗りさっさと安宿周辺へ
安宿の周りにはバーがたくさんあり、
賑わっていて「チャイナ、チャイナ!!」と、
絡んでくるのがメチャメチャ腹立つが、相手にしてもきりがないので、
3、4軒回ってとにかく安い部屋にバックを下ろした
汚く、暗く、窓も無い部屋だったので、次の日にすぐ違う宿へ移動した


ゴリラへ会いに行くには、UWA(Uganda Wildlife Authority)ウガンダ野生動物局で、
許可を貰わなくてならない
ゴリラに会えるのは、1日、1グループ8人限定で1時間!と、
決められている
空きが無ければ何週間も待たなければいけないが、
俺達の予定していた日は、今の所2人だけ(笑))
ヨーロピアンの夏休みシーズンが非常に込むみたいだ
更に、この許可証がメチャメチャ高い
入園料、ガイド、その他の税金を入れて、
「一人、500USドル!!!」
1時間野生のゴリラと接触するだけで、、、、、
もちろん交通費は含まれていないので、
経済的にもゴリラは貢献している事になる
そんなゴリラに価値がないわけがない!!!(笑)))
絶対面白いに決まってる(笑)))
檻に入れられてない野生のゴリラに会えるなんて、
全く想像できない
こんなアホみたいな事が一番わくわく楽しませてくれる

許可証を手に入れ、
野生ゴリラの生息する“ブウィンディー国立公園”へ向かった

わくわくして眠れないなんて、、、、、

IMG_0171.jpg IMG_0771.jpg


(02/03/08(日) カンパラの宿 にて)



Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。