FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリア!!!
 Catania(カターニア)

 ピショッタ - パリヌーロ駅行きのバスが午前8時15分発だったので、
 素早く朝食を済ませるが
 そこはイタリア!ぴったり時間にくる事はない
 もちろん20分遅れで到着
 電車の出発時刻が8時55分だったので、もう心はドギマギしていた
 駅に着いたのは、ぴったりの8時55分
 そこはイタリア!ぴったり時間に来る事はない
 10分遅れで到着(笑)))
 イタリアはイライラ症候群のオレを、あざ笑っているのだろう!!

 シチリア島へはPaora駅でいったん乗り換えて、
 Paora駅からは電車で5時間弱
 途中、突然倉庫のような所に!『何で?故障?』と思ったが
 丸々電車ごと船に入れ、そのまま海を越えるシステムなのだ
 大胆というか、なんというか!?イタリアらしい??

 目的のカターニアに着いたのは夕方!!!
 IMG_6228.jpg

予定しておいたゲストハウスまで、テクテクと20キロ弱の荷物を持って歩く
 もっと自分の荷物をシンプルにしていかな、アカン!と
 いつも移動の時にそう感じてしまう(笑))

 今回の宿は8人部屋で、1泊18ユーロの朝食付き
 しかもキッチンありなので、久しぶりに料理した
 レストランへ食べに行きたい気持ちも十分にあるが、
 なんせ貧乏旅行、毎回毎回外食は身を縮めてしまう

 
 カターニアにはギリシャ行きの船に乗る為だけにきたので、
 何があるのか、全く調べていなかった、、、のがいけなかったのだ!!
 ホテルの受付で『ギリシャ行きの船はどこから乗れるの?』と聞くと
 『シチリアから船は出てないから、また本土の方へ戻らないと無理だよ!』
 なんやと~~~~!!
 じゃー何の為に来たんだ(笑うしかない))))
 もうこうなったらカターニアで何かしてやる!
 調べてみると、ここには活火山があり名前はエトナ
 そのエトナ山へのトレッキングができるとのことだ
 もちろん、何が何でも登ることにした!

 つづく

IMG_6157.jpg IMG_6165.jpg IMG_6167.jpg


 (14/10/07 (日)  アテネ San Remo ホテルにて)
スポンサーサイト
イタリア!!!
 青の洞窟 (Grotta Azzura)

IMG_6145.jpg

朝食を食べ、素早く最後のパッキングをして中央駅へ向かう
Pisciotta - Palinuro 間の直通バスが出てないお陰で、
いったん中央駅にいかなくてはいけないのだ
ありがたい事に宿主のパパが、駅まで車で送ってくれた
駅で1時間ほど待っていると、Palinuro行きのバスがやってきた
バスに乗り込んで15分ほどで中心街に到着!
嬉しい事に、目の前にはインフォメーションがあった
早速安宿と青の洞窟について聞いた
一番安い宿で1泊40ユーロ(ダブル)
他に安そうな所もなかったし、
バックを持ってホテルを探すのがめんどうだったのでここに決めた(笑))
青の洞窟は、毎日ツアーが出てるみたいだった

宿のおばちゃんがインフォメーション前まで迎えに来てくれたのも
ホテルまではわずか1分!
部屋を見せてもらうと、
なんとそこはファミリールーム並みの広さで
ダブルベットが一つ、2段ベットが一つにシングルベットもある
バルコニーも十分な広さでこの値段!
いやーラッキーとしか言いようがない
後々調べると、この街はイタリア人に人気のリゾート地らしく
今は少しシーズンから外れているみたいなのだ
なので、こんなにもビックな部屋に泊まる事ができたみたいだ
若干のシーズンオフも狙い目だな!!


宿にバックを下ろして、
早速今回の目玉である『青の洞窟』へ向かう
海岸沿いを歩いて行くと、ツアーの受付がカフェバーの横に見えた
ツアーの内容は、「青の洞窟」「血の洞窟」「硫黄臭い洞窟」を1時間半ほどで回ってくれる
プライベートビーチにも連れて行ってくれるみたいだ
早速チケットを購入して、30分後にもう出発!

小さなボートに船長を入れてわずか5人
ほとんどプライベートのようだった
いきなり向かったのが「青の洞窟!」
洞窟内に潜入すると、そこにはなんとまぁ~
自然の作りだす神秘なアート!
海が美しく青い光を発する!!!
どのように表現したらいいのだろう??
ただただ目を奪われるばかりだった
本当は胃の調子が悪く、気分も乗っていなかったが
そんなものはどこかへ吹っ飛んでしまっていた
IMG_6078.jpg IMG_6080.jpg IMG_6088.jpg


断崖絶壁の横を小さなボートで進んで行く
反対側に見えるのは蜃気楼のような水平線
右も左も壮大で強大で恐ろしい
地球の持つパワーに飲み込まれてしまった
ボートに乗っている俺なんて、ちっぽけな赤子同然
自分の考えてる事が全て小さく見えてきて
何かに悩んでいる自分が恥ずかしくなってしまった
オレはただただ自然に目を奪われ続けていた
この歳になって、自然の素晴らしさに感動して
涙がちょちょぎれてしまった(笑)))))
IMG_6104.jpg IMG_6107.jpg IMG_6111.jpg IMG_6098.jpg

自然は本当に全てを丸呑みしてしまう
心も!体も!脳も!時には一国!最後は地球さえも!
『すべてを洗い流し更に強くしてくれるのだ』
やはり自然に勝るものはないと、またまた実感したツアーになった
これで12ユーロは安すぎるだろう!!


 是非みなさんも、自然に癒されていただきたい


次に向かうはイタリアも最後の街となったカターニア

いざ、シチリア島へ

06/10/07(土) シチリア島へ向かう電車の中 にて)



イタリア!!!
Pisciotta - Palinuro(ピショッタ-パリヌーロ)

ナポリから近郊列車で約2時間
Pisciotta - Palinuro駅に到着
駅を出てすぐ右手にバスの看板らしきものがある
駐車場なのか?バス停なのか?よくわからないが
とりあえず看板の前で待つことにした
一台のバスが到着する
運転手に「グロッタ・アッズーロ?」(青の洞窟)と聞くと
「ノー」と言って、時計を指差し「16時のバスだ!」と教えてくれた
現時刻が14時だったので、2時間も待つ事になるし、
宿も何も決まってない状態だったので、
とりあえずそのローカルバスに乗って中心地までいく事にした
しかし右も左も言葉もわからない
乗ったはいいがどこへいくのやら??まったくわからない
なぜならバス停らしきものがどこにもないのだ
そうすると同じバスに乗っていた子連れのママが降りる前に、
『あなたたちどうするの?』

『いやそれが全く何も決まってなくて、ここはホテルなんですか?』

『たぶんこの辺で一番安いと思うわ』

『それじゃオレもここで降ります!』と適当に決めてしまった

バスも行ってしまいもう後戻りもできない状態!!!


ニコニコ顔の宿主に部屋を案内される
立地条件は最高のオーシャンビュー!
値段はダブルで60ユーロ
立地条件から考えれば安いかも知れないが、
貧乏旅行中のオレにはかなり高い
しかし次のバスが何時に来るのかもわからないし
どこへ行っていいのかもわからないので、
情報を集める為に1泊だけする事にした

バックをおろして中心街まで歩いていくが
ビックリするぐらい小さな街!
コンビニのようなスーパーが一軒
あと閉まっている郵便局に八百屋に
レストランにカフェが三軒ほどある程度だ
なんとも小さな村である

情報なんか全くゲットできないまま宿に戻る事になった
宿主に『青の洞窟』について尋ねると
パンフレットを持って来てくれた
英語に訳されていたので助かった
すると今泊まっているのは、Pisciotta方面で
『青の洞窟』があるのはなんとPalinuro方面だったのだ
オレはてっきりPisciotta - Palinuroという駅の名前だったので
当然合わせて街の名前だ!と、思い込んでいたのが誤りだった
実は別々の街の名前だったのだ
しかも運悪く『青の洞窟』がある方と逆の街に来ていたのだ
それがわかっただけでも十分な情報!
明日の朝のバスの時刻を聞いて、部屋に戻ってゆっくりとした

せっかくのオーシャンビューなので、
夕方バルコニーで日が沈むのをアテにビールを飲む
なんとも贅沢なひと時だ!!
赤ワインならもっとよかったなぁ~

(06/10/07 (土) シチリア島に向かう電車の中 にて)

IMG_5947.jpgIMG_5973.jpg  IMG_5977.jpg IMG_6013.jpg

IMG_5965.jpg IMG_6013.jpg IMG_6022.jpg
IMG_6033.jpg IMG_6039.jpg
イタリア!!!
 Napoli!!!

ナポリはただの中継地点
別に観光する予定もなかったのだが、、、


ナポリに到着した時に、唖然としてしまった
全くイタリアじゃないのだ
汚く、薄く、暗く、うるさく、
そして落ち着きがなく、グチャグチャしているのだ
まるで東南アジアの大きな街にきてしまったのかと思ったのだが、
これが本来のイタリアの姿なのかもしれない
IMG_5873.jpg IMG_5855.jpg IMG_5838.jpg

IMG_5851.jpg IMG_5840.jpg

1泊15ユーロのゲストハウスにバックをおろす
全くガイドブックをもって旅をしていないので、
正直情報が全くない場合もある
だから、インターネット使い放題というのに魅かれた


ナポリは何があるのかわからなかった
少し調べてみると、
綺麗な夜景ポイントがあるらしい
しかも『世界三大夜景!』の一つみたいなのだ
(残りの二つは香港と函館)
ということなので行ってみる事にした

中央駅でマップと行き方について教えてもらう
地下鉄からケーブルカーに乗り換えて最後は徒歩
夜景ポイントの隣には、大きなお城が建っている
お城の中から見る景色は間違いなく最高なんだろう、、、、なぁ~~
日が沈む前に到着したのだが十分いい眺めで、
右手に海、そして山に囲まれたナポリは
密輸された物をイタリア中にばらまくには
最高の立地条件なんじゃないだろうか??(笑))))
IMG_5881.jpg IMG_5894.jpg

日も徐々に沈み出す
電燈、車のライト、看板に部屋の明かりが灯され始める
『すげーー、メッチャ綺麗!!』
『さすが三大夜景の一つやな!』
とは、正直思えなかった
ごめんなさい、
普通に高い所から見る夜景と何ら変わらなかった
しかしきらびやかで有名な場所ほど、危険の臭いを隠すのに最適なのだろう。。。
IMG_5906.jpg IMG_5916.jpg

他にもナポリには観光名所があるみたいだが、
ただ街をぶらぶらと散歩する事にした
歩いていると、イタリア人のおじさんから声をかけられ
カメラを後ろに掛けていると「危ないから前に!前に!」とジェスチャーで伝えてくれた
地元の人が言うぐらいだから、本当に危ない街だと実感した

季節外れのビーチにも行って来たが、もちろん人も全然いない
地元の人達が日焼けをしにきているぐらい
海の水も冷たくてほとんど入らずに
ビーチでわいわいとしゃべりまくっているイタリア人たちだった(笑)))
IMG_5933.jpg IMG_5930.jpg IMG_5937.jpg

ナポリも早々に、今回南イタリアの目玉にしている
「青の洞窟」へ向けて、有名なカプリ島!!!ではなく、
もう少しローカルな場所にある青の洞窟へ向かう
青の洞窟自体イタリアに何カ所かあるみたいだが
その中の一つに当たる
ナポリはその為の中間地点だったのだ
まったく危険な目にあわなくて、よかった。。。。。

いざ、自然の神秘的な世界へ!!!

06/10/07(土) カターニア行きの電車の中 より)

ヴァチカン!!!!!
Vaticani !!!

世界一小さな国『ヴァチカン』
教会、ミュージアムと広場しかないのだから当たり前だ。
キリスト教の総本山で、宗教の裏側のわる~~い臭いがプンプンと漂ってくる。
とは、考え過ぎなのだろうか(笑))

とにかく観光客が多かった
お陰で、教会に入るのも、ミュージアムも同様に
できたてのテーマパークを彷彿させる長蛇の列!
正直向かった初日は諦めて明日にしようとおもったが、
せっかく来たので長蛇の列の最後尾へ並ぶ事にした

まずは早く閉まってしまうと聞いていた『ヴァチカンミュージアム』
2、3時間の待ちは覚悟していたが、思ったよりも進みが早く
1時間半過ぎで入場できた
一人12ユーロのチケットを購入し、いざミュージアムへ!!

とにかくでかいミュージアムだ
大量の彫刻、絵、絨毯まであった
天井にもびっしりと天使やキリストの絵
もちろん惨い絵や争いの絵も多く、
なぜそのような物を現代まで残しているのか??という事が理解できない
その中でおもしろいなと思った作品をアップしました
IMG_5733.jpg IMG_5737.jpg IMG_5731_20071024062634.jpg IMG_5739.jpg

IMG_5729.jpg IMG_5738.jpg IMG_5736.jpg

とにかくでかいミュージアムで、興味がある人にはたまらないだろう
隣のテントに住んでいたアメリカ人の女の子は、6時間もミュージアムを回っていたと言っていた。
そんなに興味のないオレでも2時間ほどいたので、
その大きさがわかってもらえると思う
ミュージアムを出る頃には、すでに入り口のゲートは閉まっていた
たぶん3時半に閉めたのだろう。。。早い!!!

次は世界一大きな教会『サンピエトロ教会!』
この教会よりも大きな教会を建ててはいけないらしく
度肝を抜かれるほど大きい!
今までのEU旅行でかなりの数の教会を興味もないくせに見て来たが、
ここは別格にでかく、 豪華絢爛という言葉がよく似合う
この建物を作ったキリスト教の強大さに、キリスト教徒の信仰の強さが伺える
だが、ただの観光名所的な感覚になっているようにも感じたのはオレだけだろうか??
惨いキリスト教の裏側からプンプンと何かが煮よってくるのは、
考え過ぎなのだろうか(笑)))
IMG_5690.jpg IMG_5695.jpg IMG_5693.jpg IMG_5764.jpgIMG_4736.jpg IMG_5804.jpg IMG_5783.jpg

ヴァチカンの国は世界一小さいが
その中には世界一大きなものがある
宗教の総本山恐るべし!!!

(05/10/07 (金) Parinuro の宿のベランダ にて)
Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。