FC2ブログ
旅の始まり!!
7月10日 (月) in England

旅が始まった!
ロンドンのスタンスティッド空港に着いてもあまり実感はなかった
昨日の送別会のまま全く寝てない状態できたのもあるのだろう
『旅の始まりは気をつけろ!』
いつも自分が言っているくせに 
すでに疲れて頭が全然回らなかった(笑)))

ロンドンのパスポートチェックは厳しいと聞いていたが
他国と同様にすんなり入れた
若干質問が多かったぐらい
どこからきたのか?・滞在先・滞在期間・次の渡航先・何をしにきたのか?
これぐらいすんなり答える事ができれば十分だ

空港からはバスを使ってロンドンの中心街へ
バスから地下鉄に乗り換えて、彼女との待ち合わせ場所を目指す
彼女との再会は1年振りになる
1年間の遠距離恋愛!(この事に関しては後々書こう)(笑)))
彼女はすでに待ち合わせ場所のベンチに座って待っていてくれた!
なんというか、『あ、ごめんごめん。ちょっと遅れてもうた』
普段のデートのような、感覚だった
1年という期間は短いように感じるが
物語を作るには十分な時間だった

これからどんな『旅』になるのかほぼ予想はつかない
なぜなら、突然のハプニングというのは必ず起こる
そのハプニングをいかにして乗り越えていけるのかが
重要になってくるんだろう

正直ドイツでの生活から全てが180度以上変わることに
自分自身がまだついていけてないみたいだ
いったん腰を下ろしてしまうと、立ち上がるのが難しくなる
その先が見えない場合は尚更だ
しかし始まってしまったものは、止めるわけにはいかない
始めてしまったものを、無理矢理止める事はできない
山登りよりも過酷な道を、歩き抜く事が果たしてできるのだろうか???


スポンサーサイト



旅立ち!
 ドイツ生活も今日で終わる
 短いようで長かった2年間
 目的は
 ヨーロッパの国々をほとんど回った
 人種差別も肌で感じたし
 国の垣根を越えて仲良くなった友達もできた
 ビールもワインもおいしいと気づいた

 すべてが最高だ!

 今そう感じるということは
 自分の進んできた道は完璧だったんだなぁ-って
 一人納得顔でパソコンに向かっている

 これからまたまた波乱な道を進んでいこうとしているが
 本当は、内心結構ビビっている(笑)))
 でも心は安定している
 まったく自分の心はどうなってるんだ!!
 
 

 旅で感じたことや楽しそうな情報を
 どんどん書いていきます
 
 では
      いってきまーーす
15分!
 目覚まし時計が鳴らなかったのか?
 
 それとも無造作に止めてしまっていたのか?
 
 ふっ!と目が覚めると、午前6時40分

 電車の出発時間が午前6時55分発

  『やばい!起きろ~~!!!!』

 一瞬何が起こったのかわかっていなかったが

 寝起きで必死に着替えながら頭を整理する

 忘れ物がないか?

 確認する暇はない
  
 外へ飛び出し足早に駅へ歩き出す

 中央駅までトラムやバスで行くと確実に間に合わない

 売春婦通りを抜けて右を見ると

 『タクシーや!止めろ止めろ!!!』

 1人が荷物を詰め、1人が交渉して、もう一人は素早く席につく

 タクシーの運ちゃんはハイスピードで駅に向ってくれる

 朝早いのもあって、周りに車も無く

 信号も運良く青を光らせていた

 中央駅に着いたのが、午前6時50分!
 
 一人がホームへ先に向い何番線か調べに行く
 
  『TGVまだいてるわ~~~』』


 次いつ会えるのだろうか???

 最後の別れをして

 ツレはフランスのナンシーへ旅だって行った!!!!!

 

 寝起きからの15分!
 
 絶対に間に合わへんと思っててんけどなぁ~~~(笑))) 

  
France ~~Nancy~~
 
 二日目(30/08/07/Thur)

 空気が乾燥しきっていた
 何度も目が覚め、のどはカラカラで声もでない
 水を飲んではまた眠る
 目覚ましの音がなる
 昨日の疲れを存分に残したまま起床
 自分から出ているオーラがメチャメチャ重いのが分かる
 ドンヨリとした雰囲気のままバスルームへ向かう
 顔を洗い、歯を磨き、柔らかい糞を出す(笑)))
 朝食付きだったので、ダイニングルームへいってフランスパンを食べる
 フランスらしい?朝食を食べた

 さ~て!
 気合いを入れて、昨日紹介してもらったアパートへ
 今日はトラム(路面電車)を使っての移動
 金はかかるが、断然速い
 ナンシーにはバス路線はたくさんある 
 しかしトラムは一本、街の真ん中を走っているだけ
 トラムNo,1しかないのだ
 
 アパートに到着して、受付で早速申し込みしようと尋ねると、、、、、
 なんと!
 『11月末まで満室で入居できません』
 気合いを入れていたテンションが一気に下がり
 頭の中のこれからのイメージがすべて吹っとんで
 『ど~~しよ~~~???』
 回転していた脳が一瞬でストップしてしまった

 また振り出しに戻った
 海外で住居を決めることなど、やはり簡単にはいかない
 とにかく落ち込んでいても仕方がない
 俺たちに残された時間は数時間
 すぐに語学学校へ戻って事情を説明して
 他のアパートを紹介してもらう
 2件目は高すぎて断念
 3、4件目は満室
 5件目は契約が1年からという事で、断念
 事務員さんが
 『もう紹介できる所がないわ』
 ならば、学校の掲示板に張ってある入居者募集に電話をしてくれませんか?
 ほとんど出なくなった声で頼み込む
 走ってロビーまで行き、めぼしい電話番号を5件ピックアップ
 綺麗に5件共全てに満室で断られた
 
 事務員さんが2件目の物件はどうして決めなかったの?と聞いてきたので
 家賃が高すぎて断念した、と答える
 突然受話器を取って電話を始めた
 フランス語で話しているので全く分からない 
 すると、
 『この値段なら今ならOKって言ってくれてるけど、どうする?」
 突然だったので戸惑ったが
 これ以上探す時間もないし、体力も残っていない
 友人Sも少し高めになるがOKする事にした
 最後まで真剣に付き合ってくれた事務員の2人には本当に感謝している
 
    これで全てが決定した!!!
 
 駅に到着したのは、終電の10分前
 心身共にぐったりきていたが
 予定を完璧に終わらせる事ができた充実感と達成感でいっぱいだった
  
   やればできる!


 失敗しようが成功しようが
 とにかくまず行動を起こせば何かが起こるんだ!起きるんだ!と実感した

 
  旅であって旅でなかったようなナンシー1泊2日
  これからもこんな旅が続くのだろうか???
 
 
 
 
  
  
France ~~Nancy~~
 一日目(29/08/07/Wed)

 友人のS氏と一緒にフランスのナンシーへ
 S氏がこれからナンシーで暮らす為の下調べに来たのだ。
 住居、フランス語語学学校ぐらいは決めて帰ろうと思っていた。
 簡単に決まるだろう!
 高をくくっていたのが甘かった。
 
 
 正直ネットを使って情報を探しておくべきだったのにも関わらず、
 全く見ても探してもいなかった。
 『なんとかなるだろう!?』
 何も確信がないが、楽天的な考えで攻める
 
 観光案内所から情報集めスタート!
 『僕たちはこれからこの町に住みたいんですが?』
 いきなりストレートな質問
 案内所のスタッフも何をいってるんだこのアジア人!
 と、煙たそうに俺たちを見るがそんな事はもう慣れっこ。
 アノンスという情報屋があるので場所だけ聞いて、すぐに向う。
 アノンスに到着したが、掲示板にはもちろんフランス語で書かれた情報が
 オレは全くわからなかった。
 S氏もまだまだフランス語が理解できてない。
 『これじゃーラチアカンわ!』
 
 次に考えついたのは、
 『大学に行けば何かしらの情報があるんではないか?』
 大学を探している途中に運良く、仮設の大学案内所たるものを発見。
 9月から新学期が始まるので、その為のものだろう。
 フランス語の語学学校や安いアパートの場所を聞いた。
 安いアパートは全部学生専用だったので、
 大学付属のフランス語語学学校の方へ向った。
 事務所で語学学校の入学手続きを行った。
 今回の目的の一つでもある、『語学学校入学!』
 更に事務員の人に安いアパートも紹介してもらった!
 これで一気に今回の俺たち2人の予定が終了した。
 時間も遅くなってきていたので、
 アパートの予約は明日にする事にした。
 
 外人2人が現地の言葉もほとんどしゃべれず、情報も全く収集していない。
 しかしたったの1日で住居も学校も決める事ができた。
 人間やればできるもんだ!
 でも7時間歩きっぱなしで、
 気を抜くと足がメチャメチャ痛いのに気づいた。
 
 シャンパンと赤ワインを買って、ユースホステルで乾杯!
 疲れもあるのか、オレの声はほとんど出なくなっていた。
 シャワーを浴びて、死んだように眠った。
 実はこのホステルに行くのにも迷ってるぐらいだったのだ(笑))))
 
 しかしこんなにも簡単にすべてが終わるほど、
               甘くはなかった、、、、、

 
 
 
 
Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈