FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば中米の写真撮ってね~な~~。。。
 中米縦断!! パート1

 アンティグアからは一気に中米最南の国パナマへ。
 TICAバスというバス会社で、
 グアテマラシティーからパナマシティーまで3泊4日のチケットを、
 宿近くのエージェントを通して買った。
 
 当日前夜、突然エージェントオフィスの人が宿にやってきて、
 『チケットが取れなかったので、とりあえず明日迎えのバスで、
  シティにあるTICAバスのオフィスへ行っほしい。
  たぶんキャンセル待ちで乗れると思うから。
  もし乗れなかったら、そのまま迎えのバスに乗り、
  アンティグアまで戻って来てもらうしかないの。ごめんね。』と、
 自分の伝えたいことだけを言って去っていった。
 大丈夫だと思うが仕方ない。
 こればっかりは運頼みである。

 出発当日、宿で知り合った仲間達に見送られた。
 見送られて出発するのも、うれしいもんだ。
 『行ってくるぜ!』と気合いも入る。

 30分程でオフィスに到着。
 ドライバーから封筒を渡されて、中身を確認すると現金が入っていた。
 エージェントに125米ドル先払いしてるが、
 中身はなんと101米ドルw
 仲介料とピックアップ料で24米ドルも抜いてやがった、ぼけ~~~(笑))
 さらに、オフィスでチケットを聞くと満席(笑)))
 アンティグアに戻って文句を言いに行きたい所だが、
 ピックアップのバスはすでにいなかった。
 もう笑うしかない(笑)))

 いきなり無茶苦茶なスタートを切ることになった。
 
 (06/01/10(水) ボゴタにて)

 
 IMG_2520.jpg
グアテマラのビール

IMG_2568.jpg
クリスマスパーティー時の差し入れ!!

IMG_2574.jpg
クリスマスパーティーの夜!!

IMG_2577.jpg
みんなノってるぜ~~(笑)))
スポンサーサイト
ドロッドロのマグマ!!!

 パカヤ火山!!

 ティカル遺跡へ行く途中のバスの中で、
 ドイツ人に『活火山に登って、マグマが間近でみれるよ』と、
 何やら面白い情報を聞きつけていた。

 ティカル遺跡近くの町フローレスから、
 グアテマラシティ(首都)で乗り換え、アンティグアに到着。
 アンティグアは1979年に世界遺産に登録された古都である。
 
 ここからツアーでパカヤ火山を目指す。
 ツアー代は40ケツァール(約500円)で、入山料と合わせても1000円程と安い。
 午前と午後出発と二つあるが、暗闇の中の真っ赤なマグマを見たかったので、
 午後出発に会わせて準備した。

 ツアー会社からバスに乗り、パカヤ火山の入り口まで約1時間半。
 そこから、他のツアー客と一緒のペースに合わせてひたすら登る。

 細かい火山岩の上を歩くのは結構辛い。
 富士山を登ったことのある人はわかると思う。
 一歩足を出すが、半歩分はザクザクっと滑り落ちて思ったように進まない。
 休憩を数回繰り返しのんびりと進んでいく。
 途中で夕日が見れると思ったが、あいにくの霧?と曇り?で見れなかった。
 2時間ぐらい登った所で何やら熱気を感じ始める。
 更に登ると真っ赤に燃えたマグマが、ゆっくりゆっくりと動いてるのが見えた。
 興奮して近づいてみるが、あまりにも熱くて人を寄せつけない。
 長い棒で突いてみるが、意外と表面は固い。
 棒にマシュマロをくっ付け、焼いて食べている人もいた。
 他のツアー客から隠れるようにしてしょんべんをかけてみると、
 ジューーーーっと音を立ててメチャメチャ臭い煙が舞い上がった(笑)))

 マグマって液体っぽいイメージだったが、メチャメチャドロドロしている。
 ゆっくりゆっくりと動くマグマをみてると、地球が生きているように感じる。
 
 こんなにもみじかで簡単にマグマが見れると、少し怖くなる。
 いつ大噴火してもおかしくないからだ。
 
 2012年にこのパカヤ火山が大噴火を起こし、
 麓の町を丸焼けにするかも?しれないなぁ~、、、

 すっかり辺りは真っ暗になり、マグマの色も輝きを増す。
 ちょくちょく後ろを振り返りながら、活火山を下山していった。

(20/12/09(日) アンティグアにて)

 
 IMG_2521.jpg
 霧なのか?雲なのか?煙なのか?

IMG_2527.jpg
 せまってくるマグマ!!

IMG_2546.jpg
 暗くなると色も鮮やかになってくる!!

IMG_2548.jpg
 地球の生き様!!
2012年はどうなるの?

 ティカル遺跡!!

 早朝、タクシーに乗りベリーズ~グアテマラ間の国境へ。
 ベリーズ出国の際に出国税約15米ドルも取られる。
 わずか1日しか滞在しなかったのにも関わらず、
 しかも野宿で一夜を過ごしたにも関わらず、
 ビザ代と出国税合わせて65米ドルも払わされることになった。
 これで小国のベリーズも少しは潤っただろう、、、ボケ!!

 
 グアテマラ入国の際にも入国税3米ドル取られる。
 入国管理員がスペイン語しか話せず、ホンマにマイった。
 全くスペイン語が話せないので、何を言っているのか全くわからない。
 どうにかこうにかボディランゲージを駆使して入国。
 マヤ文明の遺跡があるティカルを目指す。

 国境からはミニバンを乗り継いで、ティカル遺跡に到着した。
 まずは、トイレで歯磨きや顔を洗う。
 すっきりさっぱりした所で、チケット(約1800円)を購入して遺跡の中へ。
 バックパックはチケット屋の脇に無料で置かせてもらえた。
  
 
 マヤ文明にまつわる噂話は、世界中で話題になっている。
 公開中?のハリウッド映画2012がその一つである。
 俺もあまり深くは知らないが、8年程前からその噂は聞いていた。

 マヤ人達に使われていたカレンダーが、
 2012年を持って終わってしまうらしい。
 その時にどのような事が起こるのか?
 このことがテーマになっている。
 
 予言ではないが、ある意味ではノストラダムスに似ていると感じるのだが、、、
 
 ただの風の噂ではあるが、
 『カレンダーの終わる日、頑張って生きている人は、その時に生き残る!!』と聞いた。
 しかし、どういう意味での『頑張って生きている人』ナノだろう??
 残り2年程で、その答えは実現される。

           乞うご期待!!


 青空の広がる素晴らしい天気の中、
 ジャングルの中を歩き遺跡を目指す。
 時折猿が上空から訪問客を眺めては、木の実を食っている。
 なぜだかわからないが、一匹の猿が上空から空襲してきやがった。
 木の実を二発も投げつけてきたのだ。
 猿のクセに!!(笑))
 他にも色とりどりの鳥や、小さな動物が顔を出す。
 
 
 遠い遠い昔、
 ジャングルの奥地にひっとりと隠れるように建てられた宮殿や住居。
 マヤ人達はどのような事を考えて、生きていたのだろう!?
 そして、どのような答えを見つけ出したのだろうか???
 
 2012年に期待せずにはいられない。。。

 (20/12/09(日) アンティグアにて)


 IMG_2480.jpg
 ジャングルの中を歩いて行くと、、、

 IMG_2476.jpg
 こんなんでました!!

 IMG_2489.jpg
 天気が良いと遺跡も映える!

 IMG_2492.jpg
 村の集会場かな?

 IMG_2505.jpg
 人間はどんなとこでも生きようとする!!


Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。