FC2ブログ
やっぱり臭かった!!!
 シュールストロミング

 缶を開けた瞬間にジェット噴射霧!
 ”あれ、思ったほど臭いはないな”と言った瞬間
 くっさ~~~
 ”おぇ~~” ”オェ~~” ”うおぇ~~” ”うおっぇ~~”””
 完璧にゲロの臭いですわ
 臭いというか気持ち悪くなる
 
 たまたま風下から人が歩いてきて
 鼻を押さえ睨みながら大回りして去っていったw
 誰かがゲロ吐いたとでも思っていたんじゃないかなw
 こんな臭いしてきたら俺も大回りしていくもんな
 
 中身はほとんど液体状になっていて
 ニシンの身なんてドロドロ
 原形を留めていたのは骨と皮だけだった
 一応は食べてみたが味自体はそんなに不味いわけではない
 

 でもさーーーやっぱり無理!絶対無理!
 「私は好きよ!」と言ったあのインフォメーションの人おかしいわ
 そんなものをわざわざ持って帰ってきた俺もおかしいなぁ~!!!

スポンサーサイト



スウェーデン ~ストックホルム2~

 ストックホルムを観光するなら
 旧市街ガラムスタンセルゲイ広場周辺がお勧めだ
 
 ガラムスタンには前回のノーベル博物館があるし
 王宮で行われる衛兵交代式などが面白いとおもう
 衛兵の交代式

 石畳のストリートをノンビリと歩くのも気持ちいいが
 観光客も多いので覚悟はしておいてほしい

 セルゲイ広場周辺は観光というよりはショッピングエリア
 セルゲイ広場

 スウェーデンブランドH&Mをはじめ
 老舗デパートのNK、観光案内所にお土産屋ストリートなどがある
 観光案内所の近くにある王立公園ではしばしばフェスティバルも開催される
 運良くフードフェスティバルが開催されていて
 大勢の人達で賑わっていた 
 フードフェス
 

 
 ホテルの情報としては
 バックパッカーとして旅をしている僕には
 やはりユースホステル
 ユニークなユースもある
 250年間監獄だった所や船のユースホステルなどがある
 ぜひ予約をしていくのをお勧めしたい
 僕自身予約をしていかなくて5、6件満室で断られた
 ホテル探しだけで2時間は費やしたな~w
 そんな無駄な時間を過ごすなら
 予約をしてから行くべきだったとちょっと悔やむので
 ぜひ予約をしていってもらいたい


 
 まだまだ楽しい所はいっぱいあると思うが
 それは人それぞれ色々な事を感じてもらいたい
 ぜひストックホルムを堪能してほしいな
 楽しんだ人は是非御一報いただきたい



 
 ストックホルムから次に向かった先は
 フィンランドの首都ヘルシンキ
 交通手段は船を利用
 船を利用して移動するのも旅ならではの面白さ
 狭苦しい4人部屋
 2人組のロシア人とスウェーデン人1人
 一番安い階級の部屋
 もちろん一番下の下
 車の駐車場よりも下の階だったw
 船部屋

 ロシア人のでっかおっさんのイビキがなかなかのもんで
 アイマスクに耳栓やっぱり旅の必需品であった




 
スウェーデン ~ストックホルム1~
   
 Stockholm (ストックホルム)

 人口 76万人 (全人口約900万人)(大阪約900万人)
 言語 スウェーデン語(英語もほとんど問題なし)
 通貨 1Krona = 17.5yen


 北欧旅行記念の第1ヶ国目!!
 スウェーデンのストックホルム
 
 目的は2つ
  1、ノーベル賞授賞式で出されるものと同じデザートのアイスを食べる
  2、世界一臭いといわれるニシンの缶詰を買う
 
 もっと観光しろよな~~って声も聞こえてきそうですが
 人それぞれということでw

 1つ目のアイス
  ノーベルアイス

  ストックホルムにはノーベル賞博物館があり
  今までの受賞者についての事を映像や写真で紹介したり
  授賞式の内容についてなどが展示している
  博物館の一角にはカフェがあり、そこでアイスが食える
  窓際の席に座りとりあえずメニューをもらう
  メニューの内容は普通のカフェと何ら変わりはないが
  そこにはノーベルアイスの文字が!
  注文をして5分ぐらい待っていると
  ワイングラスのような器を使って
  ブルーベリーアイスとバニラアイスが2玉ずつに生クリーム
  ホオズキ、メダルチョコとミントで飾り付けされたアイスが登場!
  
  興奮気味の気持ちを抑えて
  ブルーベリーの方から食べてみた
  普通にうまい
  しかしこれといって特別な事は感じない
  バニラも食うが普通にうまい
  普通においしいアイスクリームだった    
  自分の頭の中でノーベル賞の授賞式を想像して 
  一人雰囲気を味わいながら残りを食べた
  なんとなく寂しい結果に終わったw
  寂しい幕開けだな~




 2つ目は缶詰
  3大クサ~~イといわれるものの一つであると噂される
  スウェーデン産ニシンの缶詰Surstromming(シュールストロミング)
  シュールストロミング

  デパートやスーパーなどに探しに行くがなかな見つからず
  インフォメーションセンターに行って尋ねてみた
  スタッフの人は笑いながら地元の食材が豊富な市場を紹介してくれて
  最後に「臭いけど結構好きよ!」と
  地元の人はやっぱり食べるんだな~w
  早速教わった市場へ向かった
  肉、魚、野菜、パンにお惣菜など色々な種類のものがある
  トナカイの肉なども置いてあった
  屋内市場の中を見て回っていると缶詰を発見! 
  よく名前を見てみると”SURSTROMMING”の文字が!!!
  小さく一人でガッツポーズをして注文したw  
  一缶300gで65SEK(約1100円也)            
  シュールストロミング2

  お土産に持って帰るつもりだったので
  空港で没収されるんじゃないか心配だったがまんまと成功した!
   
                           つづく
         
  
Copyright © ボボビアンな旅の日々!! 『のんびり地球一周』  〜その後〜. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈